ビッグボスが清宮にマッチョ化指令「スイングが緩い。村上君みたいな迫力がほしい」

2022年08月02日 18:10

[なんJ 野球をまとめてみたよ - 北海道日本ハムファイターズ]

抜粋

清宮幸太郎

1: 2022/08/02(火) 06:17:03.60 ID:18fRw6axa
 日本ハムの新庄剛志監督(50)が、昨オフの減量指令でスリムとなってキャリアハイの成績を残している清宮幸太郎内野手(23)を今度は筋骨隆々に肉体改造する方針を示した。体の切れを維持したまま、パワーアップさせる構えだ。

 ヒントは清宮が出場した球宴にあった。ビッグボスはMVPを獲得した第1戦でのサヨナラ弾よりも、第2戦の2回2死一、三塁でボール球を振って空振り三振に倒れたシーンを問題視した。

 「あそこよ。シャープになってバットコントロールも切れも出てきた。今度は筋肉。ウエートトレーニングで力がつけばつくほど、スイングスピードが速くなる。長くボールを見られるようになる」。ボールを見極めるためにも、パワーアップの必要があると説いた。

 第2段階の改造は今季終了後に本格着手する。「ウエート(トレを)して、スイングをガンガンさせる。体重ももうちょっと増やしていい」と新庄監督。90キロ台半ばまで減らした体に筋肉のよろいをまとわせて、マッチョ化させる。

 「ボールを捉える能力、角度は持っている。そこにヘッドスピードがプラスされたら、詰まってでも放り込める。今はスイングが緩い。ヤクルトの村上君のあの迫力感っていうのがほしい。来春キャンプで『マジかよ』って驚かせて」。ビッグボスがほれ込んでいる潜在能力を最大限に引き出すべく、清宮への要求も次のステップへと進む。

続きを読む

この記事を見る