清宮幸太郎、栗山ジャパン初陣でフル出場も4打数無安打

2022年08月01日 22:35

[ポリー速報]

抜粋

311: それでも動く名無し (ワッチョイW 5d64-dNqH) 2022/08/01(月) 20:13:14.72 ID:0Dbw9Ern0
1700025

◇プロ・アマ記念試合 U―23NPB選抜8ー6大学・社会人選抜(2022年8月1日 神宮)  

野球伝来150年「プロ・アマ記念試合」が1日に神宮で行われ、U―23NPB選抜が8―6で大学・社会人選抜を下し、侍ジャパン・栗山英樹監督(61)は初采配で初勝利を挙げた。   プロの意地を見せた。初回、先頭の藤原(ロッテ)が左前打を放つと、左翼手がファンブルする間に二塁へ進塁する好走塁を見せた。その後、中飛で三塁進塁、遊ゴロの間に先制点を奪った。1-1の2回には3連打で満塁とし、8番・長谷川(西武)の右犠飛、9番・阪口(日本ハム)の左犠飛で2点を追加して勝ち越しに成功。

投げてはプロ入り後初先発となった根尾(中日)が1回1奪三振の無安打無失点と堂々の投球を見せた。その後は継投で大学・社会人選抜打線を7回まで1点に封じたが、8回に登板した鈴木(ヤクルト)が捕まり5失点。最後は中川(DeNA)が締めて8―6で逃げ切り、栗山ジャパン初勝利となった。 
 
なんか清宮疲れてる? 

続きを読む

この記事を見る