【ゲンダイ】中田翔放出で日本ハム若手伸び伸び打線が爆発!

2021年09月03日 14:05

[なんじぇいスタジアム@なんJまとめ - 北海道日本ハムファイターズ]

抜粋

転載元: https://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1630643500/

uUzvQ3lML_bkIqyakc1vFhcD1LjPo8yt_iUb5dR3d8r5m8rSD2r1Nf-N_003

1: 風吹けば名無し 2021/09/03(金) 13:31:40.21 ID:azkLfWGn0
 単なる偶然ではない。

 最下位の日本ハムが首位オリックスに引き分け、2カード連続の勝ち越しを決めた。最終回に4点リードを守れず5連勝とはいかなかったが、好調はキープしている。

 主因は打線の奮起だ。前半戦終了時は81試合を消化して1試合平均得点は3.06。後半戦に入ってもソフトバンクにいきなり2試合連続完封負けを喫し、3試合目は0―0の引き分け。続くオリックス戦は2試合が降雨中止。負けた1試合も2得点と相変わらずの貧打だった。チーム打率.232は12球団ワーストである

 ところが、だ。後輩への暴力行為で無期限出場停止処分を受けていた中田が巨人へ電撃トレードされた8月20日からチームは活気づく。そこから2日までの11試合は5勝2敗4分け。4得点以上が7試合(11試合平均5.27点)もあり、1日は本塁打なしでも16安打12得点。前半戦が嘘のような猛攻をみせた。ここで3安打4打点と気を吐いた高卒7年目の浅間は、10安打6得点の昨2日も先頭打者アーチでチームを盛り上げた。

「生き生きしている若手は他にもいます」と、日ハムOBがこう言う。

「高卒3年目の野村は、中田移籍の当日に2号、3号を連発。4日後には自己最多の4号を打った。浅間と同期で、主に中田の本職だった一塁を守る高浜も中田移籍の翌日(21日)に6号アーチを放ち、1日まで9試合連続安打。8月28日の西武戦では五回のソロ弾で引き分けに貢献した。若手が明るく伸び伸びプレーしているように見えるのは確かです」
https://news.yahoo.co.jp/articles/e63d9d72148af1046a62b964fa1c20e6a839491e

3: 風吹けば名無し 2021/09/03(金) 13:32:11.32 ID:tGGHaHEo0
ハムは立ち回り美味いよな
続きを読む

この記事を見る