北海道日本ハムファイターズアンテナ

【朗報】流しのブルペンキャッチャー「日ハムは選手層が薄いから即戦力の大社野手を指名しろ」

2019年10月13日 12:01

[非常識@なんJ~野球ネタを中心にまとめるブログ~ - 日ハム]

この記事を見る

抜粋

1PRrgt-p5xgAAAAASUVORK5CYII-





引用元スレ:【朗報】流しのブルペンキャッチャー「日ハムは選手層が薄いから即戦力の大社野手を指名しろ」
http://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1570919053/







1: 風吹けば名無し 2019/10/13(日) 07:24:13.97 ID:eO0BeaQo0
日本ハムはドラフト3位以降がキモ。 注目野手で主力と控えの差を埋める
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191013-00874280-sportiva-base

 チーム本塁打数93本は、リーグトップのソフトバンク(183本)のおよそ半分。チーム盗塁数48は、楽天と並びリーグワーストで、リーグトップの西武(134個)に大きく引き離されている。

 つまり"飛び道具"が弱いから、シングルヒットでコツコツつないでいく野球しか選択肢がなくなる。それでも夏までは上位争いを繰り広げていたのに、そこからズルズル後退。
レギュラー選手の頑丈さも、控え選手の層の厚さも、西武やソフトバンクに比べると物足りなく映ってしまう。

 とくに主力にケガ人が出てしまうと、戦力は急激に落ちてしまう。試合巧者ぶりを発揮して接戦に持ち込むが、最後のひと押しができない。
清宮幸太郎、野村佑希、さらに今季イースタンリーグで14本塁打を放った万波中正など、有望株はいるが、まだ一軍でバリバリのレギュラーとしてやっていくには、もう少し時間がかかりそうだ。

 ならば、今年のドラフトはその"差"を埋めるためのドラフトにするもの一考だ。

 日本ハムのドラフト1位は「その年のナンバーワン選手を獲る」と一貫しており、今年に限っては早くから「佐々木朗希の1位指名」を公表している。そこについて異論はまったくない。そして2位も投手、できれば即戦力でいきたいところだ。

 注目は3位以降だ。野手陣のレギュラーと控えの"差"を埋めるため、高い技術と総合力を持った大学、社会人の選手を指名するのはどうか。

続きを読む

関連記事